[ トップに戻る ] [ ワード検索 ] [ ガラ携対応 ] [ 管理 ]    

   ページ指定:[ 1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20 / ]


画像タイトル:こうた凧揚げまつり -(40 KB)

塩の道吟行句会 名前: 山崎圭子 [2017/01/09,17:17:06] No.481 返信 (t)
 1月8日、塩の道吟行句会は隣町の「こうた凧揚げまつり」に行きまし

た。あいにく午後から雨と予報されている日で開催が危ぶまれましたが進

行を少し早めながら開かれました。広大な冬田が会場です。

 コンクールも兼ねていて、大凧、中凧、小凧のゾーンに分けられて競い

合いもしますが、フリーゾーンでは各自思い思いの凧揚げを楽しむことも

できます。

 やはり見ものは大凧で、参加チームは地区や企業ですが、今年は中学生

が2基も出展していましたし、消防団チームは「火の用心」の絵凧で初参

加でした。正式にはわかりませんが15チームほどあったと思います。

 それぞれのチームが趣向を凝らした大凧は壮観です。大きさ、絵柄はも

ちろん法被に至るまで意匠を凝らしています。

 大空に上がる大凧を期待していったのですが、この日はなんと凧には

命の風がほとんどなかったのです。各チームスタンバイはしたものの揚げ

られた大凧はなかったのです。中学生は元気に田んぼを走り回ったのです

が、結局ダメでした。義経も、桃太郎も、花魁も、風神も、清正も、ドラ

えもんなど空では見ることできませんでした。

画像は16畳の凧の最後のひごなどの点検です。このあと具合を考えた反

りを入れます。

  凧一字負へる半被や凧揚ぐる   紅青子

  大凧や神輿の如く担がるる    幸 夫


画像タイトル:鎌倉幕府以来の武家装束の直垂で弓始 -(51 KB)

鎌倉句会・平成29年1月鶴岡八幡宮の弓始 名前: 古谷 彰宏 [2017/01/07,17:28:15] No.479 返信 (t)
平成29年1月5日(木)鎌倉句会は鶴岡八幡宮の弓始(徐魔神事)を吟行しました。
射手は、すべて男性で皆同じ柄の直垂(ひたたれ)装束です。
(1月3日に靖国神社境内で行われた小笠原流の弓始は男性3名、女性1名で二組、装束は男性が直垂、女性が水干で、とてもカラフルでしたが
鎌倉の鶴岡八幡宮では鎌倉時代の武家の正装装束でした)
>> 無題 名前: 古谷 彰宏 [2017/01/07,17:30:39] No.480
カメラの電池が切れてしまって写真は3枚のみとなりました。


画像タイトル:弓始を見守る小笠原流の宗家と随身 -(51 KB)

鎌倉句会・平成29年1月鶴岡八幡宮の弓始 名前: 古谷 彰宏 [2017/01/07,17:17:59] No.478 返信 (t)
鎌倉幕府以来の武家装束で行われる弓始を見守る小笠原流宗家と太刀、弓、鏑矢などを持ち控える随身たち。いずれも白装束です。


画像タイトル:小笠原宗家・弓始の鏑矢 -(51 KB)

鎌倉句会・平成29年1月鶴岡八幡宮の弓始 名前: 古谷 彰宏 [2017/01/07,17:09:18] No.477 返信 (t)
平成29年の関東地方の初句会は1月5日(木)の鎌倉句会で鶴岡八幡宮の弓始(除魔神事)吟行でした。
 先ずは小笠原宗家が白装束で鏑矢(かぶらや)=(嚆矢=こうし)を射って悪霊を退散させました。


画像タイトル: 300KB -(Diet 298 KB→297 KB)

 冬ごもり 名前:  紫水 [2016/12/27,11:12:47] No.474 返信 (t)

 我が家の除雪機です。

 パワーがないけど・・・。
>> 無題 名前: 古谷 彰宏 [2016/12/27,14:33:54] No.475
紫水さんの除雪機、今シーズンは大活躍ですね〜。
それにしても、この冬の北海道の雪の積もり方は凄いですね!
野鳥たちはどのようにこの冬を越すのか心配でもあります。
紫水さんの最近の晩酌は日本酒の熱燗ですか、それともサッポロビールですか?
>> 無題 名前: 古谷 彰宏 [2016/12/30,10:14:09] No.476
壜のお酒を北海道の外気の寒さに当てると割れてしまうので、紙パックのお酒を外気にあてて、温かい室内で唐津焼のぐい飲みを使って冷で飲むという北海道ならではの工夫、感心しました。


画像タイトル:二木会・開港記念会館にて -(50 KB)

無題 名前: 古谷 彰宏 [2016/12/23,16:50:23] No.471 返信 (t)
本文なし
>> 無題 名前: 古谷 彰宏 [2016/12/23,17:07:18] No.472
二木会・12月横浜周辺吟行
句会の途中での記念の写真です。
12月22日(木)二木会・横浜周辺吟行 出席者10名。
関東地区では今年最後の吟行句会となりました。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。
写真は、後列左から
進藤沙世子さん(二木会幹事)、武市洋子さん(関西より横浜に移住)、
古谷多賀子さん、小森葆子さん(東横線句会幹事)、野村親信さん、
栗原勝風さん(東京支部長)
前列右から
和田容子さん(東京支部幹事)、若松歌子さん、小菅よしえさん
>> 二木会 名前: 森田教子 [2016/12/24,16:05:50] No.473
いつもにこやかな写真をありがとうございます。
武市洋子さんのお元気そうなお顔を拝見し、移り住まれた地でも、
かつらぎ誌友のおられる心強さを感じておられることでしょう。
良いクリスマスをお過ごしください。


画像タイトル:氷川丸の鎖に向きを揃えて並ぶカモメ -(50 KB)

二木会・12月横浜周辺吟行 名前: 古谷 彰宏 [2016/12/23,16:49:08] No.470 返信 (t)
12月22日(木)横浜の埠頭には豪華客船の飛鳥Uが横付けされていました。船舶専門家の親信さんの話では日本最大の客船だそうです。
飛鳥Uの写真は撮りそこなったのですが、永久に係留されている氷川丸の鎖に向きを揃えてお日様に向かってとまっている冬カモメを撮りました。
これだけ沢山いるのですから一羽位は反対側を向いてとまっていると思ったのですが、意思統一がシッカリ出来ているのに感心しました。


画像タイトル:横浜中華街・関帝廟 -(51 KB)

二木会・12月横浜周辺吟行 名前: 古谷 彰宏 [2016/12/23,16:40:24] No.469 返信 (t)
12月22日(木)横浜中華街は相変わらず、多くの人達で賑わっていました。
関帝廟の門に吊られた大きなランタンです。


画像タイトル:カトリック山手教会の聖厩です -(51 KB)

二木会・12月横浜周辺吟行 名前: 古谷 彰宏 [2016/12/23,16:33:39] No.468 返信 (t)
12月22日(木)は期せずして青畝先生の25回忌に当たる日でした。
天気予報は数日前から、雨、雨、大雨。ところが当日は温かな日差しの青畝日和に恵まれました。
山手教会の扉はミサの時間外でしたが、開かれて居り人っ子一人いない静かな中で祭壇横の聖厩を拝見出来ました。さすがにカトリック教会ですから、まだ聖厩には飼葉桶も御子の御姿もありませんでした。


画像タイトル:雙葉学園の聖厩のキリスト誕生 -(50 KB)

二木会・12月横浜周辺吟行 名前: 古谷 彰宏 [2016/12/23,16:07:15] No.467 返信 (t)
12月22日(木)二木会は横浜周辺を吟行しました。
雙葉学園の守衛さんに許可を頂いて、校門を入ってすぐ近くの聖厩を拝見しました。聖厩の中心には飼葉桶に両手を大きく広げられた御子が既に居られました。


( ★買取価格.com )

Ti Factory





   ページ指定:[ 1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20 / ]

FREE imgboard 2015β07 Tumblr!!