[ トップに戻る ] [ ワード検索 ] [ ガラ携対応 ] [ 管理 ]    

   ページ指定:[ 1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20 / 25 / ]


画像タイトル:入口近くの枝垂桜と東京ドームの屋根 -(50 KB)

3月の東京支部句会吟行・小石川後楽園 名前: 古谷彰宏 [2017/03/20,16:16:34] No.520 返信 (t)
後楽園庭園の枝垂桜はまだ蕾。二輪だけが開花していました。
バックは東京ドームの白い屋根です。


画像タイトル: 猫柳 -(120 KB)

遅き春 名前:  紫水 [2017/03/13,18:11:24] No.517 返信 (t)

  ようよう春の気分です。雪でザクザクの路を

歩きます。ヤマセミ狙いが空振りで・・・。

 猫柳を見つけました。

 鎌倉の若布干しいいですネ。潮風を感じます。
>> 無題 名前: 古谷彰宏 [2017/03/14,13:46:47] No.518
北海道にも春が近づいているのですね。猫柳がまぶしいです。猫柳が空に映っているような感じもしますね。紫水さんの写真はいつも詩情豊かです。
>> 猫柳 名前: 森田教子 [2017/03/15,20:51:09] No.519
関西は冬に逆戻りのような寒さでした。
札幌の猫柳はだいぶ膨らんでいますね。
日差しはすっかり春のようです。


画像タイトル:若布を茹でる漁師の奥さん -(51 KB)

3月の鎌倉句会・小坪漁港吟行 名前: 古谷彰宏 [2017/03/05,20:15:26] No.515 返信 (t)
3月4日(土)小坪漁港を吟行しました。鎌倉駅からバスで約10分程で小坪漁港に到着します。写真は若布を茹でる漁師の奥さんほか。
13名が参加しました。句会場の都合(ソファア席で膝附合わせての句会)で今回は集合写真は無しです。
野村親信さんの大学時代の友人、鈴木えいいちさんが初参加されました。ずっと短歌をなさって居られたそうです。さすがに、選句も投句も素晴らしかったです。
>> 若布 名前: 森田教子 [2017/03/06,09:57:10] No.516
春の季語を求めての小坪漁港吟行、たくさんの季語に溢れていたことが、
写真から拝見出来ました。ありがとうございます!
初参加のえいいち様、次回もお待ちしております。


画像タイトル:小坪漁港の小屋の屋根に蛸壺が -(51 KB)

3月の鎌倉句会・小坪漁港吟行 名前: 古谷彰宏 [2017/03/05,20:02:36] No.514 返信 (t)
毎年3月、鎌倉句会は小坪漁港を吟行します。若布干しの時期だからです。
でも今まで若布干しに気を取られ、小屋の屋根に蛸壺が積んであるのに気が付きませんでした。
漁師に聞くと、小坪周辺の海には蛸が沢山居るそうです。


画像タイトル:小坪漁港の若布干し -(50 KB)

3月の鎌倉句会・小坪漁港 名前: 古谷彰宏 [2017/03/05,19:51:29] No.513 返信 (t)
3月4日(土)小坪漁港の若布干しです。
若布は干したてよりもカラカラに乾いた方が良い匂いがするのですね。
漁師の奥さんが、そのように説明してくれました。


画像タイトル:天然若布の解禁を待つ真白な洗濯ばさみ -(51 KB)

3月の鎌倉句会・小坪海岸 名前: 古谷彰宏 [2017/03/05,17:28:52] No.512 返信 (t)
天然若布の解禁日は二日後の3月6日(月)とのことで、現在収穫しているのは養殖若布です。
写真は天然の若布を待つ、新品の真白な洗濯ばさみです。


画像タイトル:茹でた若布を洗う作業 -(51 KB)

3月の鎌倉句会・小坪海岸の若布 名前: 古谷彰宏 [2017/03/05,17:20:29] No.511 返信 (t)
小坪海岸の漁師さんたちは皆が皆とても親切なのです。
舟から若布を引き揚げる作業中の漁師さんに、「この生のままの若布を特別に分けてください」と御願いして、買った吟行子もいました。
漁師の奥さんが「生若布をサッと湯通しして、しゃぶしゃぶにして食べると美味しいよ」と笑顔で教えてくれました。


画像タイトル:小坪漁港です -(50 KB)

3月の鎌倉句会・小坪海岸の若布干し 名前: 古谷彰宏 [2017/03/05,17:02:10] No.510 返信 (t)
3月4日の鎌倉句会は小坪海岸の若布干しなどを吟行しました。


無題 名前: 古谷彰宏 [2017/03/02,14:07:39] No.509 返信 (t)
写真、前列中央に座って居られる女性が最近「かつらぎ」に入会された 竹中ゆき子さんです。今回 2句御入選です!
尚、次回の東京支部句会は3月18日(土)小石川後楽園などを吟行します。句会場は小石川後楽園内の涵徳亭です。


画像タイトル:アカデミー音羽での句会 -(51 KB)

東京支部句会2月吟行・護国寺 名前: 古谷 彰宏 [2017/02/18,09:28:04] No.505 返信 (t)
涅槃会の護国寺を吟行し本堂と本坊に、二つの涅槃図を拝見する豪勢な涅槃会でした。
「涅槃団子」を初めて見ました。
>> 無題 名前: 古谷 彰宏 [2017/02/18,12:20:17] No.506
1月の「かつらぎ例会報」の勉強会後、心に響いた写生句は次の通りです。
踏み減りし蔵のきざはし寒造      寒釣の釣果を問へば首横に
泡ひとつ吐くゆえ海鼠突かれけり    地に届くばかりの氷柱行の小屋
藁屑に眠りゐる猫注連を綯ふ      垣もたぬ山家へ迷ひ梅探る
残身の顎引き締むる弓始        松過ぎの書肆に山積み話題作
真顔にてつちのこ見しと炉の主      以上の10句でした。
余呉隠しおほせて雪のしまきけり




>> 無題 名前: 森田教子 [2017/02/22,21:38:21] No.507
沢山の写真をありがとうございます。
涅槃図を見比べて拝見いたしました。
涅槃団子、珍しいですね。
例会の入選句についても、共鳴句をありがとうございました。
>> 無題 名前: 古谷彰宏 [2017/02/23,16:44:50] No.508
教子 様
コメント、ありがとうございました。
涅槃の句は詠み尽くされていると思っていましたが、やはり吟行してみるといろいろと発見があること実感致しました。


( ★買取価格.com )

Ti Factory





   ページ指定:[ 1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20 / 25 / ]

FREE imgboard 2015β07 Tumblr!!